光熱費が抑えられる

太陽光発電で、光熱費がこんなに変わります。さらにオール電化と組み合わせれば、一層おトク!

 

快適だけど節約できる。こんな賢い暮らしが理想です。

太陽光発電+オール電化の経済効果。
太陽光発電でつくった電力をフルに活用するオール電化。お得な料金プランも利用できるので、光熱費がぐっと抑え
られます。

 

オール電化を応援する「オール電化割引プラン」※

ライフスタイルに合わせて選べる夜間・朝夕割安の時間帯別メニューなど内容も充実しています。
※電力会社ごとに内容は異なります。

 

お子様やお年寄りに優しく快適なオール電化。

給湯や空調、調理などの生活に必要な熱源すべてを電気でまかない、火を使わず、CO2や水蒸気の発生もないので、安全性や快適性、使いやすさが人気です。さらに熱効率も良く経済的に使えます。

 

昼間発電して余った電力は売るという無駄のないシステム

発電して使っても余った電力は電力会社に売り、雨の日などの発電量が足りない時や発電しない夜間は従来通り購入。電力会社との系統連系により、電力の売り買いを自動的に行います。

 

安く使って高く売る「時間帯別電灯契約」※

昼間の余った電気は割高な料金で売り、電気が必要な夜間は割安で利用できます。夜間稼動する電気温水器などを使うと経済的効果が高まります。※電力会社により異なります。
一般的なご家庭での年間消費電力量は約4,500kWh※1。これは4kWシステムの設置でほぼまかなうことが可能です。太陽光発電は梅雨の季節や冬でも1年を通じて発電するので、日射量の異なる各地でもほぼ安定した電力が得られます。

 

 

環境にも配慮

無限でクリーンな太陽光は、地球にやさしいエネルギー。省エネ・創エネについて考えてみませんか?

 

家庭でできる省エネ 毎日のちょっとした配慮で地球温暖化にストップを

enecyo2.gif

 

太陽光発電システムを設置すると・・

ohsaka.gif

 

停電のときに

停電時には、自立運転モードで電気を供給。もしものときも、太陽光発電なら安心です。

 

自立運転モードで、いざというときにも電気を供給

自立運転時は太陽電池モジュールで発電した電気を自立運転専用コンセントで使用します。

 

自立運転に切り替えることで最大1.5kwまでなら、様々な電化製品が使用可能。

天候条件や時間帯によって制約はあるものの、自立運転に切り替えることで専用コンセントでAC 100V (最大1.5KWまで)が使用できます。これを上手に活用すれば、電気が復旧する迄でも、様々な電化製品が使用可能。実際、完全な停電状態のなか、太陽光発電システムを設置していた家でご飯が炊けたり、食事が出来たそうです。このほか、テレビやラジオなどを使用して災害時の最新情報を確認したり、携帯電話を充電しておくことができたり。停電時にも、様々な場面で活躍する太陽光発電です。

■自立運転で使える電気機器の目安 ※天候条件、時間帯などの制約があります。

毎日のちょっとした配慮で地球温暖化にストップを