湿邪(しつじゃ)

湿邪(しつじゃ)って知っていますか?
梅雨の時期になると『頭痛』『古傷が痛む』なんて症状が出てくる方もおられるかと思います。
漢方では、湿気の多い時期に起こる体調のトラブルは湿邪によるものだとされているそうです。

湿邪は、身体の中に溜まった「余分な水分」が上手に排出されないことで引き起こる様々な体調トラブルの事なんです。

湿邪によって出る症状には下記の様なものがあります。
●頭痛・関節痛
●浮腫(むくみ)
●食欲不振
●気分が乗らない
…etc

湿気の影響を受けやすいかどうかは体質とも深く関係していて、汗をあまりかかない方やトイレに行く回数が少ない方・浮腫(むくみ)やすい方は身体の水分代謝が悪く、湿を溜めやすい体質なんだそうです。

対策として

●身体を冷やさないようにする
●室内の湿度を40~60%に保つ
●ストレッチやマッサージなど軽い運動をする
●ゆっくりお風呂に入り、汗をかいてリラックスする
●十分な睡眠時間をとる
●冷たい・甘い飲み物や食べ物を控える
●お酒や脂っこいものを摂りすぎないようにする

人間の体は約60%が水分でできていると言われているので、水分バランスやめぐりに気を付けて梅雨の湿気に負けない身体づくりをしていきましょう (〃’ω’)p

 

太陽光発電・オール電化のことなら